Make your own free website on Tripod.com

 

8月/9月/10月/11月/12月>>2000>>1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月 /1月

  02-28-01
  02-27-01
  02-26-01
  02-25-01
  02-24-01
  02-23-01
  02-22-01
  02-21-01
  02-20-01
  02-19-01
  02-18-01
  02-17-01
  02-16-01
 
02-15-01  

地球じゃ、どこに行ってもたいてい、人だらけで、 全然ひとりじゃなくて、
知らないふりですれ違う人も、今僕の横に座っている見知らぬ青年も、同じ人間で、実は同じような悲しみとか同じような痛みを抱えて生きているとしたら、 僕はちっとも寂しくなんかなく、出逢ったことのない何億の人達とも、実はちゃんと心の中でつながっているとしたら、、
だけどバベルの塔で起こった悲劇のように、なぜかもう誰もお互いに通 じ合うことができなくて、それぞれ寂しい想いで生きているとしたら。 。僕達は本当はひとつで、同じ運命を抱えた同志だとしたら。。 会えない人も、別 れたコも、同じ運命の川の上で、 大きな大きな川の上で、同じひとつの海になるために流され続けてるのだろうか。

そんなことを考えていた。後楽園の地下で、光のショーがはじまるのを待っていた時。
ローラーブレードで空を飛ぶ”パニック”を見るためによく通った場所。

寂しさというのは、自分自身でつくり出した悪魔みたいだ。悪魔と僕は、喧嘩、ナイフ、傷害、麻薬、そんなことをくり返した。止まらなかった。寂しいからだった。今まで僕は、その悪魔と戦っても戦っても敗れていた。なぜならそれは自分自身がつくり出した幻みたいなものなのだから、この狂ったプロジェクターをぶっ壊さなくちゃ寂しさという悪魔は消えることはなかったんだ。

誰もが同じ寂しさを抱いているなら、出逢ったことのない君が泣いてるもとへ、僕は行って、心はいつでもつながっていて、君はひとりじゃないんだって伝えることが 出来たらいいのに、と思った。

  02-14-01
  02-13-01
  02-12-01 本当は見えているものを見えないと言っていないだろうか。目を閉じて恐れているものに背を向けていないだろうか。敵に背を向けるなら痛みは倍に増し、恐怖は想像によってどこまでもふくらんでいく。恐れるならそれを見つめることだ。見ないふりをしている君のことを、心の中の君はよく知っていて、その囁きが君を狂わせ続けるから。狂った君よ。知らないふりで煙草を噛み、ひきつった頬で笑うのはもうよせ。君は踊りたいだけなんだ。その椅子を壊せ、武器なんかいらない、ドアも壁もいらない、靴下に靴、 腐った食べ物、飢えた子供、街の下に流れる下水、その上で踊れ、降参だと言って踊れ。
 
02-11-01  

> うん プロフィール読んだよ。そっか大変だったんだねぇ。
> 友達のみんなもべんきょうしたいって人ばっかりなのかな?
> 勉強嫌い めんどくさいって人 いない? 僕みたいに(・・;)
> さっきの電磁石の話は中学校の時に教わることなんだよねぇ
> でも、それ以上に作詞作曲の才能が身に付いたっていうのは
> プラスになった所の方が多いってことだと思う。
> なぜなら、今の中学生は勉強をすることに義務感しかもってないけど
> まりあちゃんは、自分の知識に取り入れるために知ろうとしてるから。
> そういう意欲的な生徒ばっかりだったら、どんなに楽しいだろうねぇ
> 教えるのも楽しくなってくるんだよねぇ〜(^_^)どんどん聞いてね

友達は、みんな、大学行ってる人とか、行った人とかが多いと思うから、
まりあは、いちいち、なんかわかんないと教えてもらうばっかりで。
本を読むのが好きでしょう?それで読んでて、わかんない字とかあると、 ノートに書き出しておいて、友達のとこに持ってて、教えてもらったりしてるんだ。
バンドの中で、教員免許を持ってる人がいて、その人が一番教えてくれる。

音楽のことが、プラスかー。そっか、そう思おうかな。
家から離れたいとか、病院にいれられるのはもうやだとか、そういう気持ちで必死で、 だから、音楽とかしてちゃんと仕事してれば、連れ戻されないだろうって思ってやってたから、あんまり楽しむっていうか、そういう感じじゃなかったような気がする。
もちろんプレイしてる時は、きっと楽しいんだろうけど、、いや、違うかな やっと逃げ切れた、っていう感じっていうか、、
脱走は何度か失敗したし、それでつかまえられて、連れ戻されたり、何度かあったから。。
だから、なんか音楽して、バンドで音だしてると、そういう不安とか一時的だけど 消えるから、そのため。
でも、一時的な安心をくり返すから、不安感覚はよけいに大きくなるみたい
だから、まりあは、しばらくバンドしてない時とか、音楽から離れてる時のほうが 精神状態がいいんだ。ラクな感じ。
音楽にきっと頼りすぎて、逃げてきたから、音楽を聞くと心がゆさぶられて、つらくなるんだ。

 
02-10-01 拝啓

こんにちは。 短い文章だったけど、ありがとう。メール。
書いてくれて、送ってくれて。

まりあは本当は、
求めるなら、 生きる道っていうのは、いろんなかたちで、必ずひとりにひとつ あるんじゃないかって、思っています。
求めるなら。

求めるなら、つらさも痛みも寂しさも、包んでくれる魔法もあるんだと、信じてる。
求めるなら。

天国のドアは叩かなくちゃ開かない。

それからね、 まりあも、■■■■好きだよ。
日本に戻ってきたばかりの頃、友達にすすめられて読んで、 そのあと、映画をビデオで見ました。 内緒だけど人形も持っています。

まりあより

  02-09-01 バーテンダーイガラシが入院。
  02-08-01
  02-07-01 
  02-06-01
  02-05-01 
  02-04-01 本当に欲しいものかどうか。それはこの異臭のする街が、この腐った時代が求めていることであって、自分の魂が求めていることじゃないんじゃないか?君の魂は本当にそれを求めているのか?テレビなんか見るな。コマーシャルに唾を吐け。彼女の長い髪を切れ、君の靴を喰わせてくれ、死体の上で踊れ。
 
02-03-01 まっちー

町沢先生、僕と先生で、あの頃の話やむかしのT-BOLANの解散の時の話やなんかをしていた時、それでも僕が、「死ねないな」って思ったって話して、「傷つけた人達がいるから、僕は生きた」って言った時、先生が「あなたはタフだから」って笑いながら言いました。僕は話しの流れをそこねないように、なにげない顔をしていたけれど、内心は驚いていました。だってずっと先生は、僕のこと、「弱い」「そんなに弱くちゃダメだ」って言ってずいぶん厳しいこともしたよね。町沢先生は鬼なのか悪魔なのか変態なのか、ともかく悪い奴なんじゃないかと思った事があったぐらい厳しい時もあった。でも先生はこうして何年もたって、まりあのこと”タフ”だと言った。
僕は、先生が言うように催眠にかかりやすいのだから、言われた言葉通 り、それからすっかりタフになったような気分でいます。
生きること、泣くこと、笑うこと、立ち上がること、全部催眠にかかって動いているだけなのかもしれないな。

  02-02-01  日々思うこと、感じること。瞬間の希望。死にたくなる朝。
 
02-01-01 kintting

どうしよう。
電車の中で、待ってる車の中で、猫とソファの上で、今冬はマフラーを編み、手袋を編み、帽子を編み、セーターを3着編み、編んではプレゼントをしまくっているうちに、それがなんだか楽しくなってきてしまった。 最初はプレゼントの為に無理矢理、のろのろ、肩が痛いと文句を言いながら編んでいたのが、だんだん、毛糸を編んでいくこと、作品をつくりあげること自体が楽しくなってきた。
もともと、部屋に閉じこもって、ギターをもくもくと練習して、ああ、ハーモニックマイナースケールが昨日より0.5秒早く弾けた。。とか、家庭用スピーカーなんかで聞けば誰にも違いがわからないようなベース音の1デシベル、1.5デシベルの音量 の差にこだわって朝まで、いや昼までスタジオで仕事したり、ひとりでコツコツなにかを作ることが好きなのだ。そんな僕だから、なんだかあの編み物の地味さ、孤独さにハマってしまったのかもしれない。
贈り物用のかわいらしいのばかりじゃなくて、今度は主張するメッセージを持ったアミモノをつくるアミモニストになろうと燃えている。ああ、どうしよう。なにやってんだろ。僕。
まぁ、なんだって自分でつくり出すものは、”想い”がこもっているし、”想い”そのものだと思う。

8月/9月/10月/11月/12月>>2000>>1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月 /1月