Make your own free website on Tripod.com
 

a)マッピング

患者もしくは治療者によって人格システムを図解する。これは有益な治療指針となる。



あたし達は

病名:多重人格障害(12重人格) 休養加療を要す

なんてある日診断されても、納得できなかった。
 

みんなが”一人の人間”じゃなくて”いっこの人格だなんて言われても、
そんなことどう受け止めていいのかわかんなかった。

とゆうかハッキリ言ってドクターはおかしいと思った。
 

だってみんな確かに”ひとり”として存在する。

マリアはギターが弾けるし、
ミクはすごい力持ちだし、
ショウコさんは料理が上手だし、リノは小さいし、
エリは背が高いし、、、、、、。
 
 

あたし達は図に書いてもらったり、湖を思い浮かべるように言われたりして、
「システム」を説明された。(これがマッピングかな)

エイミーにつきあってもらって、図書館に行って、障害についての難しい文献を調べて、それでエリに読んでもらったりもした。

ビリー・ミリガンって人も知った。ジェニーって人も。
同じ境遇の人がどんなふうに乗り越えたんだろうと思ったけど、乗り越えてる人ってなかなかいなかった。

とにかく、多重人格障害、これは障害なんだって

わかること、
わからされたこと、
わかったことは、

今でもよかったことなのか、わからない。
そんなことを理解したって、あたし達のなんの助けになるっていうの?
 


 
 解説へ戻る<<BACK   NEXT>>箱庭療法